院内設備

急に痛みが消えるのはなぜ?

Q:この間からむし歯が痛くて痛くて。でも、「歯医者さんに行かなきゃ」と思っていたらいつの間にか痛みが消えました。


どうしてですか?


A:多分、炎症がひどすぎて歯髄が死んでしまったか歯のなかに溜まり歯髄を圧迫していたうみが何かの拍子に排出されたのでしょう。


すぐに歯科医院に行きましょう。このままでは歯を失ってしまいますよ。

たしかにむし歯の痛みは、あるときは激烈で耐え難いですが、その時期を超えると、うそのように消えてしまうことがあります。


「歯が痛くならないとなかなか歯科医院に行かない」という患者さんなら、「炎症が治ったみたいだ」とか、「これでまたしばらく歯医者に行かなくてすむ」とお考えかもしれません。


しかし患者さんのご希望とは裏腹に、歯のなかの炎症はむしろ広がり、破壊が進んでいるはずです。象牙質が崩れ、歯に完全に穴が開くことで、内部に溜まって歯髄を圧迫していた膿が外に出て内圧が下がると痛みがふっとラクになるのです。そしてこれまで警報を鳴らしてくれていた歯髄がついに死んでしまうと、ひとときの平穏が訪れます。


このあと細菌感染は、周りのさらに多くの組織へと広がっていきます。そして噛む刺激が加わったり、からだの抵抗力が落ちた時に、突然火がついたように痛みます。急に痛みが消えたのは、束の間の「嵐の前の静けさ」なのです。
歯髄が細菌感染してひどい炎症が起きると、けっして自然に治癒することはありません。治療を先延ばししていると、歯を失ってしまうかもしれません。


むし歯に気づいたら、小さなうちに歯科医院に行くのはもちろん、定期的にメンテナンスを受けていると、早期発見とむし歯予防に効果があります。歯科医院との、日ごろからのお付き合いをお願いします。


NICO臨時増刊号より


オーラルフレイル知っていますか?

自立した生活を送れる健康寿命と平均寿命は10年前後の差があります。


加齢による咬合力(咬む力)や嚥下力(飲み込む力)の低下で、食べられるものが少なくなり低栄養になります。


これが進行すると、要介護になるリスクが増大します。これがオーラルフレイルです。


でも、初期の段階なら心配いりません。


歯周病や虫歯で歯を失ったりしても歯科医院に行けば、ちゃんと処置してもらえますし、治療終了後に定期的なメンテナンスをかかりつけ歯科医でしてもらえば、健康寿命を長く保つことができます。


当院は、4月で開業30周年です。現在、9200人目の初診患者様をお迎えしております。年月とともにメンテナンスと予防歯科に移行し、50%の方は定期的管理を行っております。


できるだけ歯を抜かない、歯を削らないのが、私の願いです。


オーラルフレイルに打ち勝つためには、定期的メンテナンスを強くおすすめします。


主食以外の糖質を適切に管理し、プラークコントロールを行い、かかりつけ歯科医を上手に利用して、末永く、明るく、健康にお過ごしいただきたいと願っております。

〒818-0041 福岡県筑紫野市上古賀4丁目2-11

電話番号
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:40

※木曜日の診察は9:30~12:00までです

土曜日の診察は9:00~13:00までです

【休診日】日曜日・祝日

診療科目歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科

各種クレジットカード、デンタルローンが使えます